豊田市 鍼灸 マッサージ

豊田市鍼灸マッサージ五十肩治療

五十肩とは?


50歳代によく起こることから、一般的に「いわゆる五十肩」と言われますが、四十肩とも言います。医学的には肩関節周囲炎と言い、文字通り、肩の関節が炎症を起こし、痛んだり、動きが悪くなったりします。


その症状と特徴は、初めのうち(急性期)は徐々に強い痛みが出てきます。何もしていなくても痛みが出たり(自発痛)、夜、痛みで寝られない(夜間痛)ことがあります。


重症化すると、洗髪、髪をとかす、歯磨き、炊事、洗濯物を干す、電車のつり革につかまる、洋服を着る、寝返りを打つ、排便後の尻の始末などが不自由となり、日常生活に大きな困難をもたらす場合がある。軽症で済むか重症化するかの仕組みもはっきりしていません。慢性期になると痛みは若干和らぎますが動かすと特に痛かったり、動かしにくくなります。


痛みは片方の肩だけの場合と、一方の肩が発症してしばらく経つともう片方の肩にも発症してしまう場合とがありますが、片方の肩が発症してしまうともう一方も発症する確率が高いようで、これを防止することは難しいそうです。また、痛みのピーク時には肩の痛みに加えて、腕全体にだるさや痺れがあることもあります。常に腕をさすっていないと我慢できない、と訴える患者もいます。


軽度のものは特に、中高年の方なら誰にでも起こりうるものですが、症状に合った施術を行うことで痛みを軽くし、早く治すことができます。

五十肩になる理由は?


五十肩になる原因として、

  1. 肩の周りの筋肉や靭帯の老化によるもの
  2. 普段あまり体を動かさないことでの筋力の低下によるもの
  3. 繰り返し肩を使うことによる微細な損傷の蓄積によるもの

などがあります。


五十肩の予防法や対処法は?


急性期の痛みの強いときは、安静を心がけます肩に負担がかかるような動作なるべく避けましょう。例えば、重い物を持ち上げる作業、髪の毛を洗う作業、着替えなどの作業です。ただし、痛みを強く感じない範囲での運動は必要です。


痛みが治まってくる慢性期には、患部を温めたり、肩を大きく動かすような運動を積極的に行いましょう。例えば、コッドマン体操(アイロン体操)と呼ばれる体操がありますが、これは、アイロン、又は1キロくらいの物を握ってそれを垂れ下げてブラブラと「前後」「左右」「円を描く」ように動かす体操です。



五十肩の原因の一つに肩の老化が挙げられますが、徐々に肩の動く範囲が狭くなっていきます。日々の生活の中で積極的に肩、全身を動かすよう心掛けたり、ストレッチをする必要があります。また、肩を冷やすと筋肉が緊張してしまうので、特に寒い時期は入浴やカイロを使ってしっかりと温めて下さい。血行が良くなり、緊張や痛みが緩和します。




(参考までに、Wikipedia掲載の五十肩の説明は――→「ここをクリック!」



五十肩治療は、当院の得意分野です。

豊田市鍼灸マッサージ「野場マッサージ(たかゆき治療院)」で五十肩治療をお勧めします。愛知県 豊田市・岡崎市・安城市・知立市・刈谷市・豊明市・みよし市・日進市・長久手市・瀬戸市の方は是非、当院へお越し下さい。

豊田市 鍼灸 マッサージ