豊田市 鍼灸 マッサージ

豊田市鍼灸マッサージ生理痛月経痛)の治療

生理痛月経痛)とは?

生理痛月経痛)は多くの女性が苦痛に思うものです。でも、どんな場合の時に、どのような対処をすれば良いのでしょうか?それを悩む女性は多いと思います。まず、生理(月経)とは、生理が始まる前~生理中に起こる、下腹部の痛み、腰痛頭痛などの事を全て含めて生理痛月経痛)と言います。痛みの程度は人それぞれです。特に痛みがひどい場合や、過去に比べて痛みが増した場合は、子宮や卵巣に異常がある場合があります。そのような場合は婦人科に受診し、子宮や卵巣に異常が無いかを検査してもらいましょう。病院の婦人科で診てもらっても特に異常は無いと言われた場合、生理痛月経痛)です。



生理痛月経痛)になる理由は?

生理痛月経痛)になる理由は、主に4つあります。【1】プロスタグランジンが過剰に出る。【2】子宮の出口が狭い。【3】冷え。【4】ストレス。以上の4つです。

【1】プロスタグランジンとは、生理中に分泌される物質です。子宮内膜が剥がれる時に、スムーズに体外へ排出されやすくするために働く物質です。ただ、これが出過ぎますと、陣痛のような痛みの原因になります。さらにやっかいな事に、この物質は、痛みを強める働きがあります。肩こり、腰痛、頭痛、吐き気の原因にもなります。

【2】子宮の出口が狭いと経血がスムーズに流れにくく、そのことから痛みを引き起こす原因になります。出産経験がありますと子宮口が広がるため、生理痛が弱まる方いるというのもうなずけます。

【3】冷えは、身体の血の流れを悪くします。そうしますと①の「プロスタグランジン」が骨盤内に滞って、痛みが増します。

【4】ストレスにより自律神経が乱れ、ホルモンのバランスが崩れます。それにより血行を悪くさせます。そして、体温調節機能が低下し、不快な症状を感じやすくなります。



生理痛月経痛)の予防法や対処法は?

生理痛月経痛)が増えてきているのは、冷房による冷え、運動不足、仕事によるパソコンの使いすぎ、またストレス、睡眠不足などによるものだと考えられます。生活習慣を改善し、適度な運動することで、自律神経のバランスを保つことが生理痛(月経痛)の予防には一番です。とは言っても仕事などの都合で、なかなか時間がとれないのが現代人の現状でしょう。実際に治療を受けられた患者様から、「こんなに楽になるんだったら、もっと早くこれば良かった」とのお声を頂きますので、お早めに治療に来ていただくことをお勧めします。







(参考までに、Wikipedia掲載の生理痛月経痛の説明は――→「ここをクリック!」



生理痛月経痛)の治療は、当院の得意分野です。

豊田市鍼灸マッサージ「野場マッサージ(たかゆき治療院)」で生理痛月経痛)の治療をお勧めします。愛知県 豊田市・岡崎市・安城市・知立市・刈谷市・豊明市・みよし市・日進市・長久手市・瀬戸市の方は是非、当院へお越し下さい。

豊田市 鍼灸 マッサージ